お腹をぺたんこにする短期間ダイエット

運動

短期間ダイエットでお腹をへこませるためには、食事と運動の両面で努力して、体全体の代謝を高める必要があります。

短期間ダイエットであっても、運動と食事の成果で相乗効果を引き出すことができれば、リバウンドせずに痩せることも十分に可能です。

短期間ダイエットの運動では、腹直筋を中心にして鍛えていきますが、単純にお腹に刺激を与えるだけでは十分ではありません。

体の中で眠っているインナーマッスルも鍛えるために、しっかりとした腹筋運動をしたり、フラフープを使って余計な脂肪を燃焼させることもおすすめです。

室内ではエアロバイクを使って運動すれば、お尻の周辺の筋肉も含めて鍛えられますから、短期間ダイエットでも痩せやすい体作りができます。

 

短期間ダイエットの食事で大切なのは、お腹を冷やすような食べ物を極力は避けて、胃腸の代謝能力を維持しながら続けることです。

朝の時間帯には、消化に優しいお粥を食べれば効果的ですが、生姜などの温性の薬味を加えれば、お腹を十分に温めることができます。

食事ではお腹に優しい食べ物として、ヨーグルトや味噌などの発酵食品も選ぶようにすると、腸内環境が安定して便秘の問題にも対処できます。
短期間ダイエットの途中には、間食をしたくなることもあるはずですが、完全に我慢するとストレスも蓄積します。

そのため、間食には消化に優しくて低脂肪な食べ物を選び、有酸素運動の補給食としても利用していけば、短期間ダイエットを順調な形で進めていくことができます。

SNSでもご購読できます。